夏越祭(大祓式)

夏越祭では大祓 茅の輪くぐり神事が行われます。

日常生活のなかで知らず知らずのうちに溜まった

厄・穢れ(けがれ)を祓い、残りの半年間も明るく健やかに過ごせますようにと神様に願いを込めて行う神事です。

 

廣瀬神社では、毎年7月の第4日曜日 17時30分より神職と共に「大祓詞(おおはらえことば)」を唱え、「茅の輪」を八の字にくぐる神事が行われます。

 

また人の形をした形代(かたしろ)にお名前と生年月日・年齢を記入し、身体をなでて息を吹きかけます。ご自身の罪や穢れを形代へ移し、納めて頂いたものを神職が祓い清め、お焚き上げ致します。

 

 日時 : 平成29年7月23日(日) 午後5時30分より大祓式 (茅の輪くぐり)